Archive for the ‘頑張れ日本!全国行動委員会’ Category

東京オリンピックに「台湾」の名称で参加を!2020 東京五輪「台湾正名」推進協議会 設立記念大会[平成29年3月24日]

2017-03-20
このエントリーをはてなブックマークに追加


NO! Chinese Taipei
画像クリックで、『2020 東京五輪「台湾正名」推進協議会』HP

.
中国の政治圧力に屈したIOCのため、「チャイニーズタイペイ」(中国領台北)の名でしかオリンピックに参加できない「台湾」。

しかしこうした差別を許していい訳がありません。そこで2020東京オリンピック・パラリンピックを台湾侮辱の舞台とさせないため、台湾選手団を「台湾」の名で迎えようと訴える2020 東京五輪「台湾正名」推進協議会がこのほど発足し、すでに東京都議会に対する請願署名活動を日台両国で推進中です。

ついてはその発足記念大会を下記の要領で開催しますので、万障お繰り合わせの上御参加下さい。
.

■日時
平成29年3月24日(金)
18時00分 開会 (17時30分 開場)
18時30分 設立記念大会

■場所
星陵会館
http://www.seiryokai.org/kaikan/map.html
(東京メトロ 永田町駅 6番出口 徒歩3分)

■登壇者
※3月15日現在・敬称略。

許世楷(元駐日大使)※ビデオ出演
陳奕齊(基進党主席)
趙文俊(民進党屏東県本部青年発展協会会長)

山田 宏(参議院議員)
小礒 明(東京都議会議員)
本橋弘隆(東京都豊島区議会議員)
三井田孝欧(新潟県柏崎市議会議員)

黄 文雄(作家・評論家)
ペマ・ギャルポ(桐蔭横浜大学教授)
澁谷 司(拓殖大学海外事情研究所教授)
西村幸祐(批評家・ジャーナリスト)
三浦小太郎(評論家)
イリハム・マハムティ(日本ウイグル協会会長)
土屋たかゆき(元東京都議会議員)
荒木田修(弁護士)

鍜冶俊樹(軍事ジャーナリスト・頑張れ日本!全国行動委員会常任幹事)
三輪和雄(日本世論の会会長・頑張れ日本!全国行動委員会常任幹事)

水島 総(2020東京五輪「台湾正名」推進協議会会長・頑張れ日本!全国行動委員会幹事長)
永山英樹(2020東京五輪「台湾正名」推進協議会幹事長・台湾研究フォーラム会長)

■入場料
無料

【主催】
2020 東京五輪「台湾正名」推進協議会
http://2020taiwan-seimei.tokyo
TEL 03-5468-9222 (頑張れ日本!全国行動委員会 内)


[訃報]椿原泰夫先生

2016-10-15
このエントリーをはてなブックマークに追加


[訃報]椿原 泰夫氏(つばきはら・やすお=稲田朋美防衛大臣の父)8日午前6時8分に死去、84歳。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く。時事通信(2016/10/11-10:53)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101100238&g=obt

椿原先生は、頑張れ日本!全国行動委員会 京都府本部前代表/顧問でありました。闊達な人柄、頭脳明晰な教養人であり、憂国の人でした。そしてまた、椿原先生ほど他者に対する寛容な精神を発揮され、温かい気配りをされる方はおられなかった。自己主張が激しい世界において、意見を異にする者に対しても、椿原先生ほど配慮や気遣いをされる人はいなかったように感じることが度々あった。また何より誠実で陽気な人柄により、椿原先生の呼び掛けには多くの人々が参集しており、私もまたそのひとりであったように思う。
椿原先生のもと、頑張れ日本!全国行動委員会などで京都、大阪を中心として行動を共にさせて頂いたこと、今は想い出となってしまいました。

%e6%a4%bf%e5%8e%9f%e6%b3%b0%e5%a4%ab%e5%85%88%e7%94%9f


【平成24年(2012)/3/17(土)】
「野田政権の台湾侮辱糾弾!街頭演説及び感謝台湾チラシ配布活動 in 京都河原町三条」①


【平成24年(2012)/3/17(土)】ありし日の椿原先生
「野田政権の台湾侮辱糾弾!街頭演説及び感謝台湾チラシ配布活動 in 京都河原町三条」②

.

椿原泰夫先生の御逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表します。


[参戦]「7/26 朝日新聞解体! 山手線一周マラソンラリー」

2014-07-27
このエントリーをはてなブックマークに追加

.


朝日新聞解体!山手線一周マラソンラリー

頑張れ日本!全国行動委員会主催による「朝日新聞解体!山手線一周マラソン・ラリー」に当会会員が参加しました。

当日の東京は猛暑日(最高気温33.6℃/14時)直前という厳しい条件であったが、百余名の参加者は、

読まない! 朝日新聞 買わない! 朝日新聞 読ませない!

“従軍慰安婦”は朝日新聞の捏造だ!

等と印刷された揃いの白地丁シャツをまとい、山手線一周を乗車、主要駅で下車して一般の人々に対して朝日新聞の不買・抗議運動を行った。

現在、朝日新聞の販売部数(朝刊)は754万部とされており、一位の読売新聞の989万部に次ぐ部数となっている。発行部数は共に漸減しているそうであるが、部数だけをみるといまなお朝日新聞の“威光”は高く、影響力を保持し続けている侮れないメディアなのかもしれない。またいわゆる五大紙のなかで親米反共路線を堅持してきた産経新聞の弱小振りは際立っているが、サンケイ新聞時代の昭和49年(1974)、『蔣介石秘録』の連載(-1976年)が契機となり、今に至るまで蔣介石恩議論を所謂保守派層に植え付けた責任は大変重い(*「以徳報怨」と蔣介石)。

販売部数と世帯普及率


 

10474690_880913828605491_3825910637053370879_n 10501980_880913778605496_1433232416022942884_n

10563122_880913868605487_4119113836740597565_n

10351151_880913915272149_1943185976159338031_n
東京都心で100余名で行われた静かだが注目すべき反朝日運動、いやがうえにも目立つ。
朝日新聞撲滅を目指す有志

[概要]
7.26 朝日新聞解体! 山手線一周マラソンラリー

【日時】平成26年7月26日(土)
14時00分~街頭演説於・朝日新聞本社
15時00分~有楽町駅まで移動
15時30分~山手線一周マラソンラリー
17時30分~街頭演説 於・渋谷駅ハチ公前広場
19時00分~終了


 

【写真速報】『3.26 頑張れ(加油)台湾民主運動!緊急国民行動 in 東京』

2014-03-26
このエントリーをはてなブックマークに追加

.


台灣駐日經済文化代表處
沈斯淳代表閣下

要求書

人權問題無國境。要求貴國政府與國會民主化的太陽花學運在世界矚目的現在,針對3月23日晩至24日凌晨,貴國的警察對學生與民眾加予不合理的暴力行為,也激怒了我們遵從民主主義的日本國民。
這群學生是以理性的態度來擁護民主主義的勇者,絕不是暴民!我們在此要求貴國政府應反省自身的反民主舉動,今後停止以不正當的手段來蹂躪人權。

另外學生與民眾所在意的服貿協議將為中國開啓一條併吞台灣的大路,也威脅到日本以及亞洲全體的和平與安全。因此這對日本來說也是很大問題,對於貴國政府如此毫無考量的對中政策,我們同時在此表示擔憂。

2014年3月26日

加油日本! 全國行動委員會10154216_479704918798239_130749782_n
會長   田母神俊雄
幹事長  水島  總
事務局長 植村 和子

台灣研究論壇
會長   永山 英樹

以上は永山英樹台湾研究フォーラム(台湾研究論壇) 会長、頑張れ日本!全国行動委員会 常任幹事 が公表した台灣駐日經済文化代表處 沈斯淳 代表宛の要求書である。


1

10153759_806634092700132_558218457_n

2

1

3

2

5

6

4

撮影:吉野沙織(台灣建國應援團会員)


【急告】『3.26 頑張れ(加油)台湾民主運動!緊急国民行動』【行動で示そう!】

2014-03-25
このエントリーをはてなブックマークに追加

.
守護台湾!

3月26日、台湾民主運動支援のための緊急行動が行われます。

【東京都港区】 3.26 頑張れ(加油)主運動!緊急国民行動 (3/26)

【期日】平成26年3月26日(水) ※ 雨天決行

【場所】台北駐日経済文化代表処前 (東京都港区白金台5-20-2) http://www.taiwanembassy.org/JP/mp.asp?mp=202

→地下鉄南北線・三田線 白金台駅 1番出口 徒歩5分

15時30分 集合

16時00分 開始

18時00分 終了

【注意事項】

・ プラカード持参可(ただし、民族差別的なものは禁止)。

・ 国旗以外の旗類・拡声器の持ち込みはご遠慮ください。

【主催】頑張れ日本!全国行動委員会/台湾研究フォーラム

【お問合せ】頑張れ日本!全国行動委員会 http://www.ganbare-nippon.net/ TEL 03-5468-9222

【本稿引用元】
頑張れ日本!全国行動委員会「3.26(水) 頑張れ(加油)台湾民主運動! 緊急国民行動!」
http://www.ganbare-nippon.net/news/diary.cgi?no=116


1962746_10152294453410170_365750707_n
鎮暴警察粗暴對付非武力抗爭群眾


六十八年目の八月十五日、靖國神社参拝(上)

2013-08-21
このエントリーをはてなブックマークに追加

.



大阪難波を総勢十二名で出発、宮城参拝(日の出直後、午前五時~)


朝七時、靖國神社到着、これでも参拝者は未だ少ない。第一鳥居と社号標


八時半より総勢二十名で昇殿参拝(拝殿及本殿内部の撮影は禁止されております)


台湾民政府靖國参拝団、昇殿参拝後に撮影(8:55頃)、参集殿前

.

八月十五日、保守系超党派団体の「みんなで靖國神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元厚生労働相)が102人(内訳:自民党73人、日本維新の会20人、民主党6人、みんなの党3人)で靖國神社へ集団参拝を行った。昨年は55人というから倍増である。また同会は春秋の例大祭にも靖國神社を参拝しており、今春は過去最高の166人が参拝しているとのこと。これだけ多くの日本国民と国民から選出された国会議員が靖國参拝を行っているにも関わらず、総理大臣は参拝を「見送った」。この日閣僚で靖國神社へ参拝したのは新藤義孝総務相、古屋圭司国家公安委員長、稲田朋美行政改革担当相の三名のみ。

平成18年(2006)8月15日、小泉純一郎首相の靖國神社参拝(首相在任中に六度参拝)を最後に、その後の首相(安部晋三、福田康夫、麻生太郎、鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦、安部晋三)は在任中に春季例大祭(4月21~23日)、8月15日、秋季例大祭(10月17~20日)を問わず靖國神社参拝を行っていない。その期間は既に七年となる。そしてこの間特段日中関係が改善したという実感はない。むしろ中国の侵略主義的傾向は露骨さを増し、日本への領土的野心を隠そうともしない。ますます悪化しているといえる。

そもそも総理大臣が靖國神社へ参拝する(日本人が日本の神社に参拝する、と言い換えても良い)事はそれほど問題のある行為なのだろうか。また参拝しない理由を「中国が、韓国が、米国は~」と他に求めていることも主体性の無さを感じる。これらは主権国家としての尊厳を自ら放棄しているに等しい。戦後35人の総理大臣で靖國神社を参拝した人は15人おり(平成三年十一月に参拝を行ったとされる宮澤喜一首相を含む)、最多は佐藤栄作11回、続いて中曽根康弘10回、鈴木善幸8回と続く。28年前まで日本の総理大臣は当然に靖國神社へ参拝に来ていた事を忘れてはならない。

現在日本には

東久邇宮稔彦王首相
玉音放送後、靖國神社に初めて参拝した総理大臣(昭和20年8月18日)。憲政史上唯一の皇族首相。
朝日新聞 昭和二十年八月十九日

国会議員が722人(衆議院480人、参議院242人)いる。722名中102人と言うのは七人に一人の国会議員がこの日一日だけで靖國を参拝したことになる。これは決して少ない人数では無い(無論其の他の日に靖國神社を参拝している議員もいるであろう)。

なお自民党、民主党国会議員にはそれぞれ参拝組と不参拝組がいるが、党全体で靖國参拝を行わないのが創価学会を支持母体とする公明党50名、左翼政党である日本共産党19名、社民党5名、沖縄社会大衆党1名の総計75名である。

昨年の8月15日に靖國神社を参拝し「首相在任中に参拝出来なかった事は、痛恨の極み」と9月の自民党総裁選挙で語っていた安部晋三首相は「今後、いつ靖国神社に参拝するか、しないかは、それ自体が政治問題、外交問題に発展していくという観点から申し上げない」と語り靖國神社参拝を見送った。それを米国上院外交委員長が「未来を見据えた決断」であると好評価を行う。しかしその代わりに実際には戦争を知らない多くの日本国民が靖國神社に参集した。靖國神社の発表によると、この日17万5千人(昨年比1万4千人増)が靖國神社参拝を行っている。これだけの参拝者数にもかかわらず日本国民を代表した総理大臣の参拝が行われなかった事は残念でならない。

閣僚で靖國神社を参拝した古屋圭司氏はこう語っている「戦没者をどのように祀るかは純粋に国内の事であり、他国から批判や干渉を受けるものではない」。これこそが日本人の立場に立った正論である。我が国の追悼に対する近隣諸国の露骨な干渉、そして屈辱を強いられる事に日本国民は慣らされてしまった感が有る。他者がどう言うかは問題では無い、己がどうするかが重要なのである。

安部首相の靖國神社参拝せずの姿勢を以てしても朝日新聞、中日新聞(東京新聞)、琉球新報、NHK、TBSなどは安部首相が「不戦の誓い」を行わなかったと中国、韓国に対する御注進に余念が無い。


十五時からは頑張れ日本全国行動委員会主催「英霊に感謝し、靖国神社を敬う国民行進」に参加。六百五十旒用意されていた半旗となっている日章旗は全て行き渡り不足、参加者は七百名にも達するものだったそうですが、終始静謐さを保った行進でした。
.

【H25/8/15】英霊に感謝し、靖国神社を敬う国民行進【於 錦華公園】(1)

【H25/8/15】英霊に感謝し、靖国神社を敬う国民行進【頑張れ日本】(2)

【H25/8/15】英霊に感謝し、靖国神社を敬う国民行進【頑張れ日本】(3)

【H25/8/15】英霊に感謝し、靖国神社を敬う国民行進【頑張れ日本】(4)


【記録】第二十四回 「日本唱歌を歌う日の丸行進」(浴衣で日の丸行進)【H25/7/21大阪 御堂筋】

2013-07-21
このエントリーをはてなブックマークに追加

.


【H25/7/21 大阪市】第二十四回 「日本唱歌を歌う日の丸行進」(1/7)

【H25/7/21 大阪市】第二十四回 「日本唱歌を歌う日の丸行進」(2/7)

【H25/7/21 大阪市】第二十四回 「日本唱歌を歌う日の丸行進」(3/7)

【H25/7/21 大阪市】第二十四回 「日本唱歌を歌う日の丸行進」(4/7)

【H25/7/21 大阪市】第二十四回 「日本唱歌を歌う日の丸行進」(5/7)

【H25/7/21 大阪市】第二十四回 「日本唱歌を歌う日の丸行進」(6/7)

【H25/7/21 大阪市】第二十四回 「日本唱歌を歌う日の丸行進」(7/7)

『第二十四回 日本唱歌を歌う日の丸行進』

【日時】平成25年(2013)7月21日(日)

【集合】新町北公園(大阪市西区新町1‐15)[地図]http://goo.gl/maps/fp6Mi

【受付】12:30~【集会】13:00~【行進開始】13:40~ 【終了】~14:40

【行程】新町北公園~南久宝寺通り~心斎橋~難波元町(解散)

【主催】日の丸行進の会(会代表:石黒大圓)

【協賛】頑張れ日本!全国行動委員会・京都府本部・大阪支部

【参加人数】75名(そのうち15名の方が浴衣姿だったとの事)

【天候】大阪市
晴/12時~15時の気温33.0度
(7/21:最高気温35.0度/最低気温25.0度)/湿度54%(正午)/日の出5:00/日の入19:09/

 


【記録】「第二十回記念 日本唱歌を歌う日の丸行進」【H25/3/17】

2013-03-17
このエントリーをはてなブックマークに追加

 


この日、大阪市内は晴。
中国から飛散し呼吸器疾患を引き起こすとされる微小粒子状物質「PM2・5」、そしてまたそれを拡散させる黄砂さえ無ければ快晴となっていたであろうか。中国は世界最悪な人権蹂躙国家、遅れてきた帝国主義国家であるとともに環境汚染加害大国でもあるが、つくづく良いところのない国である。

正午時点での大阪市内の気温は15度、なんば到着時点(15時)時点では19度という温暖で快適な一日。私は運動がてら、なんば~梅田を散策しその後に新町北公園へと向かった。


 
本願寺津村別院、通称「北御堂」(浄土真宗本願寺派/西本願寺)。明治元年(1868)明治天皇が大坂行幸された際には津村別院 書院が行在所(アンザイショ、仮皇居)とされた。津村別院を南に五百米下ると真宗大谷派(東本願寺)の難波別院、通称「南御堂」。この北御堂(お西さん)と南御堂(お東さん)を南北につなぐ道、すなわち御堂筋の由来だとされる。

「北御堂(お西さん)」は、織田信長と石山本願寺との石山合戦後に顕如上人が豊臣秀吉から与えられた土地(現在の西本願寺)を本山とする。そして大坂に残った門徒が慶長二年(1597)に当時「津村郷」であった現在の地に坊舎を建立したのが始まりだという。

「南御堂(お東さん)」は、文禄四年(1595)に教如上人が大坂に建立した大谷本願寺が起源である。後に徳川家康から寄進された地(現在の東本願寺)に寺基が移されて同寺の別院となっている。

 
蓮如上人像                                                 親鸞上人像

なお今年は親鸞聖人750回忌法要の年である。
そのため4月28日(日)には東本願寺「難波別院」(南御堂、真宗大谷派)と西本願寺「津村別院」(北御堂、浄土真宗本願寺派)が、合同で御堂筋をパレードするそうである。



第二十回となった「日の丸行進」には「神州正氣の会」「中国少数民族研究会」「一日会」「大和心のつどひ」「関西防衛を支える会」「倫理法人会」「シルクロード科学倶楽部」、南木隆治先生主催の「南木倶楽部」、そして「頑張れ日本!全国行動委員会」といった在阪保守系団体の会員の有志ら100名が参加(主催者である石黒大圓さんによると「参加者は97名」と明言、実直である)した。

強い春風のなか御堂筋を行進。はためく日の丸が美しくありました。産経新聞記者により「日の丸行進」に対する好意的な記事が幾度か掲載されております。これもまた非常に恵まれた有り難いことだと思う。


『第二十回記念 日本唱歌を歌う日の丸行進』

【日時】平成25年(2013)3月17日(日)

【集合】新町北公園(大阪市西区新町1‐15)[地図]http://goo.gl/maps/fp6Mi

【受付】12:50~【集会】13:20~【行進】14:00~ 【終了】~15:00

【行程】新町北公園~南久宝寺通り~心斎橋~難波元町(解散)

【主催】日の丸行進の会(連絡先・会代表:石黒大圓)

【協賛】頑張れ日本!全国行動委員会・京都府本部・大阪支部

【参加人数】約100名

→前日には産経新聞が開催の告知を行っている。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130316/osk13031602000001-n1.htm


【H25/3/17】第二十回記念 日本唱歌を歌う日の丸行進(1/6)

【H25/3/17】第二十回記念 日本唱歌を歌う日の丸行進(2/6)

【H25/3/17】第二十回記念 日本唱歌を歌う日の丸行進(3/6)

【H25/3/17】第二十回記念 日本唱歌を歌う日の丸行進(4/6)

【H25/3/17】第二十回記念 日本唱歌を歌う日の丸行進(5/6)

【H25/3/17】第二十回記念 日本唱歌を歌う日の丸行進(6/6)

対照的なプラカードである。「感謝 台灣!支持台湾」「中国は侵略をやめろ」
 
 


 

「全国の皆さん、2・23東京「中国の侵略阻止・NHK糾弾」行動に援護射撃を!」【転載】

2013-02-22
このエントリーをはてなブックマークに追加

.

以下は永山英樹台湾研究フォーラム会長のブログ『台湾は日本の生命線』2/22(金)條からの転載である。御一読、そして行動を。

_______________________________________________________________________

「頑張れ日本!全国行動委員会」が二月二十三日に実施する「中国の侵略阻止!アジアに自由と平和の連帯を!間接侵略の手先NHK糾弾!国民大集会&デモ」に奮って参加を。

中国の脅威が日に日に増大する中で、「内なる敵」と言うべきが、あの国のプロパガンダ工作に内通するNHKである。国民に対して強い影響力を持つ同局もまた、日本にとっては一大脅威。そこでその「間接侵略」をも断固糾弾することになる。

当日、遠方、所用のために参加のかなわない人は、ぜひNHK視聴者センターに対し、午後の現地行動に合わせ、抗議の電話で「援護射撃」をお願いしたい。

「中国に迎合した反日放送をやめろ」「放送センターから中国中央電視台(CCTV)日本支局を追い出せ」「チベット、ウイグル民族への弾圧を詳報しろ」「JAPANデビューの歴史捏造を認めて謝罪せよ」、あるいは「台湾を中国の一部として報じるな」(下記の抗議呼び掛け参照)等々、どんな抗議でも構わない。

電話番号は、
0570―066―066(左記ナビダイヤルが使えなければ050-3786―5000)。
NHKの有害放送から日本の未来を守るため、全国国民一丸となって戦おう。

それから在日台湾人の皆さんへ。

二〇〇四年二月二十八日に李登輝氏が台湾で二百二十万人の国民を招集して実施した台湾防衛デモ(牽手護台湾)に呼応して以来、東京では毎年二月下旬、中国の侵略からの日本、台湾の防衛、アジア諸民族の解放を訴えるデモを実施して来たが、今回のデモはその一環である。当日は「緑の台湾旗」も掲げるので、ぜひ日本人と共闘してほしい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.23 中国の侵略阻止!アジアに自由と平和の連帯を!間接侵略の手先 NHK 糾弾!国民大集会&デモ

平成25年2月23日(土)

《国民集会》13時00分~15時00分 (12時00分開場)
於・代々木公園野外音楽堂

【登壇予定】
ペマ・ギャルポ、黄文雄、イリハム・マハムティ、オルホノド・ダイチン、鳴霞、赤池誠章、高田純、小山和伸、坂東忠信、倉山満、三輪和雄、永山英樹、浅野久美、佐波優子、水島総 ほか

《デモ行進》15時30分~16時30分
NHK テーマパーク入口前 ~ ハチ公前 ~ 明治通り ~ 宮下公園前 ~ NHK テーマパーク入口前

《抗議行動》16時30分~
於・NHK 前  ※ 状況に応じてハチ公前にて街宣

※ プラカード持参可(ただし、民族差別的なものは禁止)
※ 国旗以外の旗類・拡声器の持ち込みは御遠慮下さい。

【主催】頑張れ日本!全国行動委員会
http://www.ganbare-nippon.net/

【連絡先】頑張れ日本!全国行動委員会
TEL 03-5468-9222 MAIL info@ganbare-nippon.net


中国に迎合して台湾人観光客の来日を日中観光交流の一環と報じ、視聴者に「台湾は中国の一部」との印象を押し付けたNHK「ニュース7」に抗議を!

NHKニュース7(2月9日)の問題報道映像は下だ

http://www9.nhk.or.jp/news7/movie.swf?v=pu130209

【参考】
(抗議用・文字起しと映像)「台湾人の北海道観光」を「日中観光交流」と位置付けた「NHKニュース7」13/02/12
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2041.html

〇電話(NHKふれあいセンター)0570-066-066 左記ナビダイヤルが使えなければ050-3786-5000
受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)

〇メール https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi

_______________________________________________________________________

【永山英樹】台湾人観光客を中国人扱いしたNHK[桜H25/2/20]

【転載元】
『台湾は日本の生命線』2/22(金)條
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2051.htm
_______________________________________________________________________

【H25/2/17】頑張れ日本!全国行動委員会 京都府本部総会記念講演会『中国の国内情勢と尖閣問題』

2013-02-18
このエントリーをはてなブックマークに追加

.
__________________________________________

2月17日にJR京都駅前の「キャンパスプラザ京都」で開催された「頑張れ日本!全国行動委員会 京都府本部」総会記念講演会『中国の国内情勢と尖閣問題』。講演会および質疑等をおさめた動画。撮影は「頑張れ日本!全国行動委員会」会員で当会メンバーでもあるT.Kによる。

__________________________________________

【日時】平成25年2月17日(日)14:30 ~ 16:40

【会場】キャンパスプラザ京都 4階第2講義室 (JR京都駅ビル西 ビックカメラ前 JR京都駅から徒歩5分)

【地図】http://yahoo.jp/4gZG86

【演題】中国の国内情勢と尖閣問題

【講師】石平先生(評論家、拓殖大学客員教授)

【日程】
[開会]14:30
[講演]14:40 ~ 16:10
[休憩]16:10 ~ 16:20
[質疑]16:20 ~ 16:35
[閉会]16:35 ~ 16:40

【主催】頑張れ日本!全国行動委員会 京都府本部
http://www.ganbare-jp.info/
__________________________________________


頂いた資料の一部

但し右上『THE BIG ISSUE』だけは京都へ向かう途中に大阪心斎橋・東急ハンズ前で購入したもの。

『THE BIG ISSUE』は「ホームレスの仕事をつくり自立を応援する」ためのもので1部300円の内、160円が販売者の収入となるのだという。ざっと目を通してみると反原発、脱原発の論調記事や関連本の紹介が多くやや辟易するが、本号(197号)における14世ダライ・ラマ法王の特別インタビューのなかでの「金と虚栄心と力は、幸せの源ではない。幸せや楽しみは精神的な経験」の項などにははっとさせられるものがあった。

「世界中にいるTHE BIG ISSUE 販売者達の、ほとんどが社会的、経済的な問題を抱えており、彼らの多くは『孤独感』を抱いている(本号より)」。社会的立場の弱く、声が世間に届きにくい人、ままならない境遇におかれた同胞に対する関心を意識的に持たなければならないように思う。登山でバテない最善の方法は、自分より体力のない者をアシストする事である。他人助けとは結局自分を救うことだったりするのだ。

動画の中では石平先生による安倍晋三首相への評価もなされている。また質疑の際に質問ではなく自説を展開する発言者がおり会場から批判の声を浴びていたが、そのあとに石平先生がみせたその青年に対する気遣い、その姿もまた強く印象に残った。

__________________________________________

« Older Entries
河内長野市商工会青年部オフィシャルサイト